葬儀の雰囲気について

お葬式では、誰も彼もが悲しい顔をしている。もちろん笑うのも不謹慎だが、何もそんなに塞ぎ込まなくてもよいのではないかと思うこともある。このところ、世界の葬儀について調べる機会があって、それから推察するに、どうやらこんなに重い雰囲気なのは日本だけのようだ。だからといってグローバルスタンダードに合わせろなどと言うつもりはない。それぞれ文化にはそれ相応の経緯がある。日本人が葬儀で沈むのは、ことさら死を恐れるからなのではないかと思う。ではなぜそこまで恐怖を抱くのか…。文化史の専門家ではないので気の利いたことは言えないが。

平和な日本における死とは

葬儀で気落ちするのは、死を恐れるから。なぜ死が怖いのかというと、日常からかけ離れているからなのではないか。日本は島国であり、他国の植民地になったことがなく、内乱を続けている時期もそこまで長くはなかった。基本的にはずっと田を耕して生計を立ててきたのである。つまり人が死ぬことは、大抵の場合よくないことなのだ。事故か病気か寿命か…少なくとも、多民族を侵略して領土が広がったからめでたい、なんてことは我々の頭の中にはない。平和で死と向き合う機会が少ないのも一因と考えられる。以上のことから、我々は葬儀をことさらにネカティブなイメージで捉えてしまうのではないか。

新着情報

2016-09-22 医療脱毛のクリニックが更新されました。
2016-02-15 ジャムウ石鹸を購入が更新されました。
2015-12-01 鼻を整形するにはが更新されました。
2015-11-14 小顔にすぐになれるが更新されました。
2015-11-08 包茎手術の費用とはが追加されました。

日本の葬儀の情報


過去の情報一覧